« What is there ? | トップページ | RD-6700-G-SS »

What is there ? <解答編>

前回の解答ですが、ざっくり言えば
フロントディレイラー(変速機、以下FD)の
アダプター系アイテムですな。

詳細の前にFDのお話。
FDの取り付け方式は以下の2種類があります。

①バンド式
 取り付ける部分がバンドになっていて、
 シートチューブを挟んで取り付ける方式
②直付式
 フレームのシートチューブに取り付けられた
 専用台座に取り付ける方式

また、①の場合は、シートチューブの太さを考慮する
必要があります。

太さは28.6mm(S)、31.8mm(M)、34.9mm(L)の3種類あり、
shimanoの場合グレードによって、LとS/M(Sはスペーサ使用)で
商品展開されていたりします。

以上をふまえて、詳細の解答にいきますか。

まずは「その2」から

・SM-AD67 (φ34.9mm)
ULTEGRA Di2用のFDバンドアダプタ。
822円で購入。

Di2のFDは「直付け式」しか販売されていない為、
FD取付け台座が無いフレームへの取り付ける為に
使用されるアイテムです。

ULTEGRA Di2用とはありますが、Di2のFDの取り付けに
関する補強が施してあるだけで、その他のFDにも問題なく
使えるらしいです。

ちなみにFDバンドアダプタの一般的(?)な用途は、
「直付け式」フレームに付いていたFDを
取付け台座の無いフレームへ移植する為かと。

ほんでもって、shimanoのFDバンドアダプタには、
SM-AD11(φ31.8mm)やSM-AD15(φ34.9mm)や
DURA-ACE Di2用のSM-AD79がありますが、

前者の2つは銀色で1000円台、SM-AD79は同系色だが
4000円台となっていますので、色とコスパから
(shimanoで買うなら)コレがベストなのかと。

じゃぁ、「直付け式」フレームを持っていない人(私)には
不要じゃないの? って話になるんですが、一応考え有り。

この先、複数回FDを交換&お古を別フレームに移植するならば、
シートチューブの依存する「バンド式」パーツを購入し続けるのは
いかがなものかと考えた次第。
カーボンフレームへの負担も考えるとね。

次に「その1」の解答

・SM-AD17 (φ31.8mm)
FDバンド用のシム(スペーサー)。
582円で購入。

φ34.9mm(L) → φ31.8mm(M) 用のスペーサー。
レース向けグレードでは無い筈・・・

MadoneとESCAPEではシートチューブの太さが
異なる(LとM)なので、MadoneのFDを移植する機会が
あれば使用してみようかと思って購入しました。

というわけで、今後のFD変更を見据えての買い物でした。
実際問題として、Madoneの適正締め付けトルクが不明
の為、FD交換の予定は未定なんですけどね。

トルクレンチを購入して、現在の締め付けトルクを
測定する手もあるけど・・・

|

« What is there ? | トップページ | RD-6700-G-SS »

SportsBike」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/55094347

この記事へのトラックバック一覧です: What is there ? <解答編>:

« What is there ? | トップページ | RD-6700-G-SS »