« 昨年10月のとある出来事 | トップページ | 省エネ中 »

被災時状況の報告等

結論:家族無事、家の被害皆無、ライフライン問題なし
    30kmほど行軍→移送で帰宅。

以下、被災時状況等

地震発生時は都内で仕事中であった。
はじめの弱く長い揺れの段階で、強いのがくるなと
思った。想定どおりであった。

直後にワンセグにて情報収集。
本来、フロアでの携帯電話の操作は禁止だが
非常時のため無視。

震源が東北地方と知り、先ず
母方の親戚やゲーム関係で知り合った友人の
安否が気になった。そして家族、関東近郊の友人。

携帯電話での通話は規制されていた為、
兄と母には連絡を入れておく。
こういうときに連絡のつかない父(機械オンチ、
当時在宅)が心配であったが、
自宅webサーバに携帯電話からアクセスできた
ので火災等は無いと判断し、無事を祈った。

また、友人関係はメールやmixiなどの書き込みから
概ね無事が確認できたので良かった。

それらのことで今回の被災を通じ思ったことは
有線電話(公衆電話)とネットが安否確認には
非常に有用であること。

帰宅フェーズ。
余震は続くものの色々と気にかかるものがある為
職場をでることに。
ただ、わりと遠方の職場であるため、鉄道網が復旧
しないことには帰宅はほぼ不可能ではあった。

移動手段は徒歩。
道中、東京タワー上部のライトアップされていない
様子や、省庁・皇居周辺の人の多さ、東京駅の
座り込みの多さ、コンビニの商品がほぼ無い様子、
道路の異常な混雑具合を確認した。

15km前後歩き、秋葉原着。
TXやヨドバシの閉鎖などが印象的であった。
(中央通には行っていない)
情報収集と休憩のため、TV設置のバーへ移動。
呑みつつ、ニュース確認や友人との連絡を取る。

この時点では鉄道網の(特にJRの)当日復旧の
見込みが無かったため、帰宅は絶望視していた。

しかし友人の厚意もあり、都内脱出すれば
足を用意してくれるということで、行軍再開。

なんだかんだでさらに15km程度行軍したところで
友人と合流。
輸送してもらい無事帰宅しました。

家の様子も多少モノが落ちていた程度で
想像していたよりは被害がなかった。
(本棚の中身がすべて出ていたり、
 TV周りが倒れていると思った)

その後は朝6:00過ぎまで情報収集し、
睡眠をとったとさ

|

« 昨年10月のとある出来事 | トップページ | 省エネ中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/51100203

この記事へのトラックバック一覧です: 被災時状況の報告等:

« 昨年10月のとある出来事 | トップページ | 省エネ中 »