« 銚子センチュリーラン2010 完走。 | トップページ | 【ALL SPORTS】銚子センチュリーラン2010【写真公開】 »

銚子センチュリーラン2010 感想。

というわけで、7/18(日)は銚子センチュリーラン2009に
参加しておりました。 昨年のはこちら


第1陣出走前。 7:06頃。

写真とは前後して会場入りのお話。
少々、家を出たのが遅かったので、到着も6:00ちょい
だった。
とりあえず自転車をおろして受付&車検。
その後は朝食を摂ったり、ツルちばでお話させて頂いた
親父さんとお話したり、日焼け止めを塗ったり、
tunaの会場入りを待ったり。

出走 7:17

CP1の「道の駅オライ蓮沼」を目指す。
最初はゆったりまったり温存して走っていたけど、
前方集団のペースに馴染めなくて、前に出ることに。

今回のコース変更箇所の成田空港敷地の東側道路は
新しいものらしく大変走りやすかった。
その後のアップダウンも下り坂での勢いを殺さないよう
走ったりでクリア。

芝山はにわ道とR126の交差を抜けての田園地帯は
拓けていることもあり、風が厄介だった。
この辺は、前にいる人を風防にしてクリア。
狡賢くしないと、この先生き残れないのだな。

CP1到着 9:08
(区間距離40.9km 1h59m)

CP1 道の駅オライ蓮沼 着。
チェックを受け、配給の塩やスポーツドリンクを頂く。
その他、糖分と水分の補給にとコーラを購入。
糖は脂肪を燃やすためにも必要なのだ。

CP1出発 9:30

多めの休憩後、出走。
次は海沿いを銚子の犬吠崎まで目指す。

CPから約10km先で、海辺の自転車道に入る。
何気に波しぶき。


これを2.8kmほど走る。
開放感ではしゃぎつつ、ひとり暴走。

銚子に入り、R126の八木町?辺りと銚子ドーバーラインの
アップダウンはぼちぼち厄介。下り坂は60km/h程度を
だすことも物理的には不可能ではないので楽しい。

アップダウンに疲れつつ、君ヶ浜しおさい公園到着。

CP2到着 11:12
(総距離83.5km 区間距離42.6km 1h43m)

昨年同様に、配給のスイカを食しつつ休憩。

歯形の中の犬吠崎灯台。

ここではみっちり休憩。
ボトルの補充の他にも、水分補給。軽食も。
ロングライドでよく言われる
『1時間走行に1ボトル(500ml程度)の水分補給』
以上のことをしておいたほうが、高気温の日は
よいのである。

CP2出発 12:10

気づくと1時間も休憩していた。
県道を走り銚子港を通過、1回ひとりコースアウト
したりで、利根川CRの最前線基地のファミマ
に到着。

ファミマ到着 13:16
(CP2から24.2km 1h06m)

店舗も例年のことなので分かっているのか
サービスがよすぎである。
昨年度に無補給で利根川CRに向かった人間は
昨年の強烈な向かい風(+次の補給地は
20km先!)を想定し、補給したことだろう・・・
とりあえずアイスと水分補給。

ファミマ出発 13:47

強い警戒をしていた利根川CRだったが・・・
ゆるい横風だったので拍子抜け。
まぁ強風は困るので大助かりだが。
最後のほうだけ向かい風だったが、それも
昨年ほどじゃないので楽勝。
まぁ河川の向かい風は割と慣れてますから。

CP3到着 14:37
(総距離129.2km 区間距離45.7km
          2h27m(休憩30m込))

CP3 道の駅水の郷さわら 着。
バナナを食し、水分補給。
携行していた予備ボトル3本目こと、
ペットボトルは廃棄。もう2本で足りるだろ。

ちなみに前回は休憩をあんまりとらずに
走っていたのでこの時間にはゴールしてたり・・・
無茶しすぎだ。

CP3出発 14:53

神埼⇒成田方面へ。
コース変更で安全になり、いいコースに。
あくまでここは。

成田方面。
県道63号ってわりとアップダウンだったなぁ
と思っていたら、「わりと」ではなかったレベル。
全区間が登坂が無かっただけに、坂と言う名の
イジメが再開する区間である。

決め手がゴール7kmほど手前の(コース箇所の)
勾配10%の上り坂である。
見えた瞬間、指差して「何あれ?」であるのは
言うまでもない。

ちなみにこの頃は、坂の度に数人抜いたりで
ちょっとした集団の先頭に出てたり。

で、登坂でも前グループ吸収。
登りはまだあるかとの問いにも
軽いアップダウン2回程度と答えたり、
あと○kmと声だししたり。
ラストの鼓舞は基本?ですよね。

ゴール 16:34
(総距離167.8km 区間距離38.6km 1h41m)

完走賞や参加賞を頂き、
配給のキュウリ、ミニトマト、ゼリー等を頂く。
水シャワーで頭をぬらすのも気持ちがいい。
問題は写真をとり忘れたこと。

その後は近場の温泉で汗を流す。
日焼け跡から参加者らしき人もちらほら。
風呂に浸かって、日焼け箇所が痛いのなんの。

そして酒抜きの晩餐。バイキング。
正面の男がtunaである。

安全運転で帰宅後、荷物整理に軽いメンテ。
そして〆のお酒。
基本、家での禁酒中だがこの日は解禁。

1杯目はギンギンに冷やした角ハイ

2杯目は前日に購入しておいた山崎10年を
シングルで。

サイコンによるデータ
走行時間 6時間50分(休憩除く)
走行距離 168.51km(コースアウト込)
平均速度 24.67km/h
消費カロリー 3174.1kcal

総評
翌日への疲労を度外視した終盤の走りのせいか
脚が若干重い。(19日現在)
全体的に登坂に弱い気がする。疲労具合の問題かも
知れないけれど。
体調や後先を考えた補給はできたほうだと思う。
10月に向けてもうちょい鍛えねば?

おまけ
こんがり焼けました。

やや焼け(指先~第2関節)
普通(手の甲)
こんがり(前腕~上腕半分)

青いシャツはユニクロの企業コラボシャツで
自転車メーカのGIANT(愛車のメーカでもある)
のやつ

|

« 銚子センチュリーラン2010 完走。 | トップページ | 【ALL SPORTS】銚子センチュリーラン2010【写真公開】 »

SportsBike」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

お疲れちゃーーん。

立哨が居ないがルートは決まっているってのが少々厄介で、色々ありつつ完走。
常に地図やポイントを確認出来るようにしないとダメだなー。

>全体的に登坂に弱い気がする。
登りを見るとテンション上がるキミが何を言うw

投稿: tunakan | 2010/07/21 00:22

改めてお疲れ様

>常に地図やポイントを確認出来るようにしないとダメだなー。
銚子商高前とか普通にスルーしました。
GPSに登録してたの任せはやはり良くないな・・・

>登りを見るとテンション上がるキミが何を言うw
テンションあげて、根性出さないと
登りきれないんだなぁ。
38-23Tでも重く感じることがあったし、
もうちょい筋力必要かなぁ・・・

投稿: sugihiro | 2010/07/21 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/48918344

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子センチュリーラン2010 感想。:

« 銚子センチュリーラン2010 完走。 | トップページ | 【ALL SPORTS】銚子センチュリーラン2010【写真公開】 »