« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

祝2年

5/26は我が愛車のGIANT ESCAPE R3(ブルー・トーン)
の納車日ですな。

はやいもので2年。
この2年の総走行距離は 7,380km

1年目のリザルトは 4,300km なので
ペースは流石に落ちている。

今月だって100kmも走ってないしね。
まぁ呑んだり、出かけたり、体調不良だったり
だから仕方ない気もするけど。

とりあえず3年で とは言わずに
今年中に1万km目指してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイボールが美味しい季節になりました。

先週末、公務員への転職志望の友人の勉強の
手伝い(数学および物理の基礎)の後、
ふたりで飲み屋に直行。

ウイスキー種が角ハイしかないのが、
(色々と楽しめない意味で)残念だったが

よく食う相方なので、食事に良く合う
ハイボールはちょうど良い。

炭酸の爽快感や清涼感も口内リセットに
ちょうどいいしね。
また、暑かったこの日の気候にもあって良かった。

ハイボールはストレートやロックと違って、とても
飲みやすので、ワイワイと楽しんでゴクゴクと飲む
ことができる。
ジョッキスタイルで持ちやすかったのも、その要因
なんだけどね。

味の好みで言えば、個人的には檸檬の有無は
どちらでも良い。
ただ、檸檬を入れるとより爽やかになるので
気分によって入れる程度。
そういった意味では、ボトル注文で自分で作るのも
ありなんだけれど、店員作のほうが結局うまいので
悩みどころでもある。
(角ハイは講習とかあるというしね)

暑くなっていくこれからの季節。
友人らと、よく冷えたうまいハイボールで一杯。
みんなで楽しめるっていうのが魅力かな。
経済的にもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FAN交換

前回のつづき ということで
4cm角ファンを調達したので、玄箱HGのファン交換
を行う。


ファンのケーブルは、基盤側コネクタを中心に
電源側コネクタ、IDEコネクタと一緒にまとめられている。

ファンのケーブルを切断して、半田付けをしても良いが
今後のことも考えて、ファンの3ピン端子を半田付けする。


青がパルス、赤が+12V、黒がGND。
一応、熱収縮チューブを使って絶縁もしておく。
これで次回以降は、楽にファン交換ができる。

今回購入したファンは、ADDA社製の静穏ファン
CF-40SS。
ノイズ 14.0dB以下 回転数 4200rpm 風量 4.7CFM。

交換前に比べれば、まぁ静穏なので満足かな。
とりあえずはこれで様子をみるつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうおん

最近、共有ディスク他で使用している玄箱が五月蝿い。

原因を調べたところHDDではなく、排気ファンだった。
2005年末から稼動しているから経年劣化だろう。
埃をとってもやはり五月蝿い。

排気ファンは4cm角の3ピンコネクタタイプ、厚さ10mm。
その他の電源系ケーブル直結なので(純正交換部品
じゃないと)交換は色々面倒。

近いうちにファンとか購入しないとなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

じいさん

先月、伯母の家に行った際、
十数年前に亡くなった祖父の話を聞いた。

祖父の代といえば、第二次世界大戦を経験した世代。
当時の自分は戦争などには今ほど興味が無かった
ので、祖父に直接戦争当時の話を聞いたことも
無かった。

ただ「戦争に行っていない」ことだけは知っていた。
身体の問題と聞いている。

伯母から聞いた話に戻る
伯母は祖父が存命の頃に、(流石に)戦争時代のことを
聞いたそうだ。

先にも書いたとおり、祖父は兵役につけなかった。
その代わりに紡績工場で勤めていたらしい。
しかし、時代が時代だけに、(兵役についていないことから)
女工を含め、周囲の者からはよく思われていなかった
らしい。

それが祖父には、「大変辛かった」そうだ。

寡黙だった祖父が、伯母に対しどういう気持ちで
そのことを言ったのか、正確なことはわからない。

兵役には兵役の辛さがあり、銃後には銃後の辛さがある。
歴史にIFは無いから、何が祖父にとってベストだったかも
わからない。

でも、祖父の当時の気持ちを自分なりにでも
考えて、伝えられればいいのかもしれない。

うん、しまらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁酒(一部限定)宣言

この4日間面白いぐらい酒びたりだったので
財政および体調を鑑み、3ヶ月程度、
一部限定条件のもと、禁酒しようかと思う。

その間に筋トレメインに使用かなぁ・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »