« 祝!完走!(速報版) | トップページ | サレナ他 »

祝!完走!銚子センチュリーラン

というわけで、7/19(日)は銚子センチュリーラン2009に
参加しておりました。

出走前

当初の天気は曇り。そのため日焼け止めは
顔と腕にとどめていた。それが良くなかった。
(午後から晴れて、脚が焼けてヒリヒリと・・・)

自分は7:07にスタート。
先ずはCP1の「道の駅 オライ蓮沼」を目指す。
初っ端からアップダウンの連続だったけれど
序盤は脚があるから大丈夫。

とりあえず同じ速度ぐらいの人の後ろにぴったり張り付く。
ペース維持と風防代わりですな。

なんだかんだで、38.2km地点のCP1に8:55頃到着。
配給のスポーツドリンクと塩、飴等を頂く。
小休止して出走。ぴったり張り付いていた人が戻らんので
一人発進。

CP2までの道は、ツルちば08やそれ以前にも走っている
道なので、正直MAPいらず。

飯岡
写真は九十九里にでたところ。
海を見るため小休止するチームも。

九十九里の自転車道はサーファーもいるし、
砂もあるので要注意ですね。

自転車道後は、上り坂が多少あったりして、
起伏のある元銚子有料道路に。

この道を走るのは3度目だけれど、南から走るのは初。
下り坂で最高60km/hをマークしたのは楽しかった!

そして80.6km地点のCP2「君ヶ浜しおさい公園」に到着。
だいたい10:38頃着。

犬吠崎
ここでは西瓜の配給あり。
メールをしながら休憩。ここまでは苦ではなかった・・・

そして第3区。
銚子をぐるりと回って利根川へと行くコース。
街中は街中でいいんです。それなりに発見あったし。

問題は、利根川に入ったところ。
周りは田園風景で開けています。そしてほぼ向かい風。

風除けもないため、問答無用のペースダウン。
体力を削られます。

最初のうちは前に人がいたので、後方につけて風除けに
なっていただいたのですが、早々にダウンされたので
CP3までのほぼ20kmを孤独に走る・・・
当然休み休み行けばいいんだけれど、
「諦める」っていう被害妄想チックな感情から
断固走り続けたわけでござい。

ボトルも空になったところで、何とか126.5km地点の
CP3に到着。場所は昨年休憩したことがあるポイントだった。
時間は正確に記録をとっていなかったのだけれど
大体、12:35頃か

ここの配給は飴やバナナ、塩、ドリンク。
ボトル補給したり、リラックスしたりね。

このあとも10km以上強風に煽られることになった。
国道356号上では突風でぶれるし・・・ 危険危険。
神崎でちょろっと神輿がみれたのは良かったかな。

そして成田方面へ。
無駄に起伏に富んだコース。風に体力を削られた後
だったので大変苦しかった。

正直、心が何度も折れそうだったが、
だらしねぇな、と思いペダルを踏みしめる。

アップダウンを繰り返していると、後続2名にちぎられたり
別の1名に追いついたり。

前にいた1名さんは、下り坂でペダルを回さない人だった。
自分は脚が限界だったので、下り坂による加速を生かすため
こぎ続けた。賢く走らんと生きていけんのだ。

そして成田市街地へ。
第1区の道へと戻ってきたわけで、まだまだアップダウンが
続くが、根性の見せ場。
意外にゴールが近づくと元気になるのね。
坂の途中で信号待ち発生は堪えたけどさ。

そしてゴール。 ラスト200mは全力ラン!
減速しろっていわれたけどさ。
ゴールタイムはだいたい14:34。

結果
 約7h27minで164km完走!

レースじゃないから、着順はでないんだけれど
10着前後でした。

ご褒美のドリンクやアイスを頂く!
ご褒美

その他にも水浴びしたりさ。
水浴びがあんなに最高だとはおもわなんだ!
アッーーーーー!!って声出るしね。

後半は辛いことが多かったけれど、そのせいもあり
達成感十分のイベントでした。
もっと鍛えて、また出たいもんだ?

 

 

余談①
 7/20の朝放送のローカル番組で3分ほど
 銚子センチュリーランの様子が放送されており
 自分も数カット(走ってないシーン)写ってました。

余談②
 ALLSPORTSさんで、イベントの写真が23日以降
 公開されるようです。

|

« 祝!完走!(速報版) | トップページ | サレナ他 »

SportsBike」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/45703905

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!完走!銚子センチュリーラン:

« 祝!完走!(速報版) | トップページ | サレナ他 »