« ターミネーター4 | トップページ | 渋滞中 »

天使と悪魔

トム・ハンクス主演の『天使と悪魔』の感想等々を
なるべくネタばれしないように
ちなみに原作は読んでません。

簡単なストーリーの流れは殺人および爆破予告があり、
それを防ぐために現場を示す手がかりを謎解きしながら
探し出すもの。

どうやら原作を忠実というわけではなく、色々と構成して
いるようで、それが逆に良い評価になっている模様。

結果として非常にスピード感のあるスリラー&アクション
になっていると思う。

何も考えずに見れば面白いと思うのだけれど、
少し考えると―

プロフェッショナルなくせに意外と間が抜けてるな とか
行動と思想が矛盾しているな とか
犯行計画が意外に適当に感じたり とかね

まぁ、フィクションだから反物質の性質がどうとか
実際の秘密結社はどうとかは言わないけれど

勿論、良いと思った点も有るけどね
ヴァチカンの風景や何気ない会話が伏線になってたりとか

結論として、(個人的には)
何も考えずに娯楽としてみれば十分楽しめる。
原作派には物足りないかもしれないけれどね。

|

« ターミネーター4 | トップページ | 渋滞中 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/45225531

この記事へのトラックバック一覧です: 天使と悪魔:

« ターミネーター4 | トップページ | 渋滞中 »