« ツール・ド・ちば 2008 <前夜祭> | トップページ | ツール・ド・ちば 2008 <2日目> »

ツール・ド・ちば 2008 <1日目>


おはようございます。1日目でございます。
起きた時は陽が出ていましたが、昨晩の雨で路面は
濡れておりました。

何はともあれ、朝食バイキングです。
普段、朝食は摂らないのですが、流石に食べますよ。

とは言え、控えめです。
(皿は二枚取ったものの使わなかった)

そして、荷物を預けてからスタート地点へ。
この時点で雨は僅かに降り始めていた・・・

それにしても参加者が多い。
公式発表によるこの日の参加者は、1日コース:284名、
2日コース:414名、3日コース:528名とのこと。

年齢的には、下は10代から上は70代。
車種としては、ミニベロ、ママチャリ、スポーツタイプと
幅広。

そしてスタート。小雨と車輪の巻き上げる泥水と格闘
しながらの走行。
泥除けを装備していない人の背中がみるみる汚れる。
こんなこともあろうかと、こんなこともあろうかと、
こんなこともあろうかとー
(言いたかったので3回ry)
持ってきて良かったわ、泥除け。

30.9kmも走ると1回目のエイドステーション(AS)の
日在浦(ひありうら)海浜公園駐車場。

ASでの休憩を終えると、いすみ市を西に向かって
走ります。
気づくと、パンク車が続出。雨の日はパンクが多い
って本当なのね。

こまかいアップダウンを走っていると2度目のAS。
旧大多喜女子高跡(48.3km)※。
ここでの配給はジャパニーズ・パワー・バーの
ようかん。糖分の補給は大事よね。

※メーター上の距離数とは若干の誤差あり

お次は、大多喜町を南下していく。
途中で本数の少ない、いすみ鉄道に引っ掛ったのは、
ある意味ラッキー。

この区間は1日目の最高標高 約225m(65km地点)
があったりする。
と言うわけで、大概は只管登り坂。

流石に3日もあるイベントなので、脚を残すために
登坂は軽いギアで高回転させることに決定。
これまでの経験則で、自分は重いギアで脚に負担を
かける傾向があったからだ。

『高トルクは疲労を蓄積します。このロングライドを
 続けたかったら控えるべきです。』
って、誰かも言ってたし。

そんなこんなで初日の登坂では、割と楽に登れました。
意外と自分は高回転ペダリングがあっているのかも
知れない。

ペダリング以外に2点ほど気をつけていたことがあり、
ひとつは、変速タイミング。走行スピードとペダルの
回転数に気をつけて変速すること。
もうひとつは、下り坂でも脚をなるべく休めないこと。
これは乳酸をためにくくするため。
どっちも翌日のことを考えての地味な努力。

坂もあらかた登り終えると、3回目のAS。
内浦山県民の森。(73.2km)

白の同一車種(2007モデル)が隣にいたので、つい
撮影。

ここではお弁当が出ましたが、それについては
tuna氏のほうを参照。

昼食を摂り、休憩も取ったところで走行再開。
グレーチングの多い坂を下っていくと、海岸線に
戻り。

途中、tuna氏が車体に付けた携帯電話バッグを
落とす事故が発生するも、前を走っていた自分は
気づかず走行。途中で後ろにいないことに気づいて
停車し、数分待って合流。
パンクや大きな事故じゃなくて良かった。

そして4回目のAS、和田漁港広場(102.2km)へ。
時間は14:40頃。
ちょうど現地ではお祭りの模様。写真を撮り忘れた
のは残念。

休憩後、走るもすぐに先頭とちぎれる。
直後の分かれ道が分りにくく、後続の指導員待ち発生。
何も疑問を持たず走り、道を間違った人もいましたが・・・

その後はちょうどいい、どストレート。
雨も上がっていたので、先頭集団に追いつくことを提案。
そして承認。馬鹿こぎ。

ほどなくして合流。後続を待ったりしながら走行。
でも、最後は30km/hオーバーで走行。
皆さん、やっぱ脚残してるのね。そして15:50頃ゴール。

ゴールの白浜フローラルホールで配られた、伊勢海老
汁がうまいのなんのって。つい3杯いただきました。

洗車できる用意もしてあったので、泥を落とし、
宿へ。

写真は寄り道中。陽が沈む~。

そして、宿で夕飯バイキング。

カニはおばちゃんが取ってくれました。
5本も喰えんよw (結果食べたけど)

その後は風呂はいって、牛乳飲んで、22時ちょいに
就寝しましたと。

<e*metersの記録>
 走行時間 5時間52分
 走行距離 124.64km
 平均速度 21.24km/h
 消費cal  2035.5kcal

所属は、Iグループでした。
(もっとも私は中隊呼ばわりしてたけど)

|

« ツール・ド・ちば 2008 <前夜祭> | トップページ | ツール・ド・ちば 2008 <2日目> »

SportsBike」カテゴリの記事

コメント

道が分からなかった地点、なんでちぎれたのか未だ不明。
決して付いていけないようなペースでは無かったのに、気が付いたら前が居なかった。
記憶を辿ると指導員が思いっきり道間違えて直進した上でうちらの数人前から赤信号で停止したんじゃないかな。
で、ふと交差点を見ると道案内の看板が無くてどっちだー!?と。
その後の再スタートは30~40km/hで流しても車列は全然見えず、ようやく追いついたのは前のグループだったってオチでは。


食べ辛いのは苦手です。
でも魚介類は大好きです。
共食い? 知らん。


携帯は無事でよかったマジデ

投稿: tunakan | 2008/10/17 00:39

>記憶を辿ると指導員が思いっきり道間違えて直進した上で
>うちらの数人前から赤信号で停止したんじゃないかな。
>で、ふと交差点を見ると道案内の看板が無くてどっちだー!?
>と。
>その後の再スタートは30~40km/hで流しても車列は
>全然見えず、ようやく追いついたのは前のグループ
>だったってオチでは。

真相は最早、闇の中です。記憶曖昧だし
何故あそこだけ看板でなく、ビニテによる
矢印だったのか疑問はつきません。

携帯はなんだ、まぁ良かった良かった。

投稿: sugihiro | 2008/10/17 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/42810095

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・ちば 2008 <1日目>:

» ツールドちば2008 〜1日目〜 [NANASHI BATTLE 別館]
決戦初日、昨晩の本降りの雨により路面はウェット、そして不穏な天気の中のスタート [続きを読む]

受信: 2008/10/17 01:12

« ツール・ド・ちば 2008 <前夜祭> | トップページ | ツール・ド・ちば 2008 <2日目> »