« 1Mm | トップページ | 在庫整理 »

千葉の境界 2/着衣考察 (前)

根拠はないんだ。
けど、僕は走り続けるんじゃないかな。
・・・・・・うん、これが好きだから、走り続けていたいんだ

たぶんな。
どうも三度sugiです。
昨日は前回のリベンジということで、旧江戸川を下りに。

スタート地点は江戸川の海から約13km地点の国道14号。
江戸川
奥に見えるのはJR総武線。

京葉道路を越えると、川が分岐しているのが見えるので
少し先の行徳橋を渡る。
これで旧江戸川沿いに進むことができる。

千葉川の旧江戸川沿いにはサイクリングロード的なものは
無いので、ひたすら川沿いの路地を走ります。
路地裏

東京メトロ東西線の下には境川が流れているので、少しだけ
迂回が必要。
また、舞浜を分けるように見明川が流れているので、
橋を渡るため少しだけ戻る必要もあり。

橋を渡れば舞浜だ。対岸は南葛西。
南葛西

舞橋大橋(国道357号、首都高湾岸線)とJR京葉線を越えれば
そこは、ねずみ王国浦安租借地。
近くからだと中は見えにくいです。

とりあえず、王国の南端まで行き、川沿いの県境は制覇した。
(残るは利根川の77km以下だが)
東京湾

その後は王国を一周し、
TD SEA
舞浜大橋を渡り葛西臨海公園へ。
TD SEA
(葛西臨海公園から見たTDLホテル)

一休みして、北上。
今回は首都高速中央環状線の下や新中川沿いを通り
スタート地点まで戻りました。
新宿線
(首都高下、都営新宿線付近)

全体的なルートはこんなかんじ。
ルート
(点線は前回のルート)

―――――さて
今回、先週中に購入したレーサーパンツ(レーパン)、
ジャージ、インナーを初使用した。

レーパンっていうのは分りやすくいえば、
サドルに触れる部分にパッドが入ったスパッツ。

ピチピチ具合が恥ずかしいかと思いきや
これが意外と恥ずかしくない。
流石に知人に見られれば恥ずかしいかもしれんが。

使用感は意外と蒸れず快適であった。
前回の江戸川の南端で出会った方に聞いた話の通り
定期的に立ち漕ぎ、信号待ちはサドルから降りる等を
併用した結果か、上記コース+家までを含めた89kmの
移動距離では、尻は痛くならなかったので、
レーパンの効果は出ているんだと思う。
(もっと長距離で試すべきだが。)

ジャージ、インナーも吸湿・発散・速乾性に優れて
いる為か、汗による不快感はなかった。

ただ、サイクルウェアは収納が無いに等しいので
(ジャージにポケットはありますが)、ウェストバッグは
欲しいところ。自分のはボロいから新調しようかなぁ。

■おまけ
腕は毎回、日焼け止めを塗ってはいるが、
脚は膝が隠れるようなのを履いていたのであまり
気にしていなかった。
その結果―――

日焼け
膝下は割りと普通。

|

« 1Mm | トップページ | 在庫整理 »

SportsBike」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/41924004

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉の境界 2/着衣考察 (前):

« 1Mm | トップページ | 在庫整理 »