« レッドカーペット その2 | トップページ | 職場付近にて »

あの事件と俺と

このエントリーは、くだらないボヤキです。
コメントはなしの方向です。

今日、職場で
「昨日は大丈夫だった?」
系の話題を三度ほどされた。

まぁ、自作PC等で散々行ってた旨を
言っていたせいだろうが。

休日に好き好んで行くほど、今のあの街は
好きでもない旨も言ってはずなのだが・・・

さておき、偶然あの街にいた友人が被害にあわなかった
ことについては、素直に良かったとは思うが。

さてさて、思えば最近
「(殺すのは)誰でも良かった」だの
「世の中が嫌になった」だの
「何人か殺せば死刑になると思った」だの
抜かしている阿呆がおるがー

正直、そんな弱者(無論、自分も含め)は、
分を弁えて、隅っこで大人しく暮らしてれば
いいんだよ。

他人を羨むっていうことは、自分を蔑むって
ことなんですよ。

努力と根性で 這い上がれる奴は、そういう形の
強者なんですよ。

弱者は弱者なりに、自分の弱さを認知して
生きりゃあいいんですよ。

『社会に不満があるなら自分を変えろ
 それが嫌なら耳と目を閉じ 口を噤んで孤独に暮らせ』

↑は某アニメの台詞だったりしますが
実にいい台詞だと、個人的には思うわけですよ。

あとはまぁ、どっかの政治家とかですかねぇ。
安易に「刀狩」なんかせずに、人格形成について
考えたほうがいいんじゃあないの?
今すぐには結果は出ないことだけど、そっちのが
重要なんじゃないのかね。

|

« レッドカーペット その2 | トップページ | 職場付近にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/41484783

この記事へのトラックバック一覧です: あの事件と俺と:

« レッドカーペット その2 | トップページ | 職場付近にて »