« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

多摩サイ!

多摩川の狛江の方で、職場の有志でバーベキューを
28日にするという話あった。

狛江は個人的には遠すぎだろ、と思いつつも
思うところもあり参加。

さて、多摩川といえば---
「多摩川サイクリングロード」がありまして
これは走ってみる価値ありかと思い
輪行という手段をとってみた。
(初めてなのでおっかなびっくり)

※輪行は、自転車を公共交通機関を使用して運ぶこと。

定期で行けるとこまで行って、多摩川の下流のほうへ行き
そこから上流のほうへと走っていきました。

今日の目標は、50kmの走破。
無論、多摩サイ+αのお話。それなりに疲れはしたけど
一番疲れたのは、バーベキュー参加者のお子さん達の相手。
やんちゃ盛りを5人同時相手とか本当に疲れたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒百合

ちょっと買い物に行ったら売っているのを発見。
ちょっと前から目をつけていたのよね

ブラックサレナ
劇場版ナデシコに登場のブラックサレナ

劇場版公開から10年ですか。(公開当時は観ませんでしたが)
TV版放送時?発売されてたバンダイ製(1/48スケール)は
あまりにちゃちだったので、今回のKOTOBUKIYA製は
期待したい(のだが・・・)

とりあえず、自転車と折り合いをつけて組みたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天候不順なので

週末の遠出は無しでした。
それでも合間を縫って
2日間で40kmちょいは走ってけどさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクリングのお供②

サイクリングのお供その2は、地図(文庫サイズ)。
普段はウエストバッグに収納。
ルート確認や、大体の現在地確認に役立ちます。

ただ、問題点として、現在使っている地図というのが
10年前に買ったものだったりするので

一部道路が無かったり、駅や路線がなかったりする。
あと市町村合併もか。

情報の劣化が激しいので、いい加減買い換えるかな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サイクリングのお供①

サイクリングのお供その1は、シートバッグ
積載量の無い自転車のささやかな収納。

バッグ
テールライトは別売。

付属の取り付けパーツでは、自分のサドルには合わないため、
合うパーツを別途購入。

で、中身はというと

バッグの中身

基本は、パンク対応の品。
左上から
パンク修理パッチ、食料、
バルブ変換アダプタ(仏⇒米)、スペアチューブ
バンドエイド、携帯ポンプ
タイヤレバー携帯工具

半分は面倒くさがってAmazonで購入。
携帯ポンプは、バッグに入れることを考えて小さい奴。
安いアルミ性のでよかったんだが、カーボン製しか
おいてないでやんの。

このタイヤレバーは3本をパチッとまとめられるのが魅力。

チューブは周りのモノで傷がつかないようにビニールで
保護してます。

バルブアダプタの所持はtuna氏のおススメ。
ガソリンスタンドでの空気入れにと。

食料については、バッグの容量が他のモノで
割と一杯なので、入りそうなモノをチョイス。
こだわりは無い。

なんにしても、備えあればなんとやらということ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

サイクリング0615

> メンテもとりあえず済んだし、
> さぁ、次はどこに行こうか。

なんて前のエントリーで書いておきながら
実は数日前から行く場所なんか決まっているのである。

とりあえず、素直に北上はできないので、北東に移動。
そんでもってとりあえずは到着。

利根川

利根川である。(約20km移動)
写真は成田線の木下駅付近の土手の上の自転車道。
ロードバイクな人たちが結構いますな。
風もあるのに、いい走りをしてるわ。

一休みしてさらに移動を開始。
そう、利根川は真の目的地にあらず。
アップダウンの激しい道を行き、向かう先は---

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

成田空港

成田空港である。(約43km移動)
ちょっと旅客機の離着陸でも観ようかなと。
写真は空港の北西部にある「さくらの山」からの風景。
親子連れからマニアそうな人までさまざまでした。

何度目かの休憩がてら、写真を何枚かとったり。

ユナイテッド

蒼い子

そして帰路へ。
往路とは道を変えたせいか、移動距離が増えた・・
途中、無駄に長い下り坂とかあるし。
これは絶対上りたくないと思った。

なんだかんだで今日は94kmほど走りました。
おかげで総走行距離400km突破だ。
でも、めちゃくちゃ脚が痛いわけで・・・
数日の間は、休足日にしますかね・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初期点検にいく

蒼い子(自転車)を買って、約3週間。
11日頃には走行総距離が250kmを超えていたので
ちょっと早いけど初期点検に行こうかと考えていた。

で、サイクリングがてら14日に行ってまいり
ました。(店舗到着時にキッチリ総距離300km)
ブレーキ周りとハンドル周り、あと注油程度。
ギア関係は大丈夫みたい。てっきりワイヤーが
少し伸びたかと思ってはいたが、そんなことは
なかったみたいだ。

んで、帰宅してからついでにと、タイヤのチューブ
交換演習。
いざって時に困っても仕方ないしね。

メンテもとりあえず済んだし、
さぁ、次はどこに行こうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』感想他

先行上映(6/14,15)の感想です。(6/21公開)
ネタばれは無いのでご安心を

今回のお宝、「クリスタル・スカル」の形状がアレなので
アレなお話なのかなぁと思っていたが、やはりアレだった。
そういったワケで、ある意味B級SFテイストに感じるかも
しれない。でもそれもひっくるめて「インディ」だと思う。
その辺は恐らく見る人によって趣味が分かれるかもしれない。

今回の舞台は、過去3作が1930年代後半が舞台だったのに
対し、初の第二次世界大戦後の1957年となる。
そこで今回の敵役は、過去2作(『レイダース』,
『最後の聖戦』)の「ナチス」から、当時の米国の最大の敵
である「ソ連」になってたりする。
冒険だけでなく、こういう時代背景も魅力のひとつかなと。

今回の「インディ」はファンには嬉しい要素がわりとあるので
初めて「インディ」を観る人もいるは、是非、『レイダース』
と『最後の聖戦』は観て欲しい。

『レイダース』でのヒロイン『マリオン』(カレン・アレン)が
今回再登場するので、インディとの関係やその他小ネタ
が楽しめる。

『最後の聖戦』では、インディと父親『ヘンリー』
(ショーン・コネリー)との親子関係と蛇嫌いの理由等が
分かるので作品の楽しみ方が増えます。

『ヘンリー』と言えば、今回は写真だけの登場。また、
過去の作品でインディを支援していた『ブロディ』も
写真と銅像で登場。前作『最後の聖戦』から19年も
経つと色々あるということなんだな。

その他の見所はアクションシーン。
インディ役のハリソン・フォードは65歳とは思えない
動きをするし。
『マット』(シャイア・ラブーフ)の車上での立ち回りも
いい感じでした。チェイスシーンはやはり「インディ」
の華だなと。

とりあえず、ファンだからかなり贔屓目にみているかも
しれないけど結構お勧めかな。
はじめに書いたけど、お宝関係で趣味が分かれるかも
しれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

インディ・ジョーンズ先行上映

14日零時の回(カウントダウン)
観てきます!というか
時間待ち。

ぼちぼち人いるね。
楽しみや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

P45とかLGA1366とか

めっきりデスクトップPCを弄らなくなって
約半年。
そうなると自作PCについて、さっぱりと
分からなくなる。

わからないままというのも困る(かもしれん)ので
ちょいと調べた。

調べた結果ー
Intelの新チップセットの「P45」が出回るとか。
昨年の「P35」に比べて、何が変わったかと言うと
PCI Express 2.0 が標準装備になったのと
より高速なメモリー(DDR3-1333)も対応になった程度。
まだまだDDR3は高価だし、あんまいらん気もするんだけど。

あとはあれですかね。CPU。
Intelは新しい実装形式(LGA1366)のCPUを
2008年後半に出すんだって?
それに合わせてチップセットも一新されるとか。

ということは「P45」は短命なんですかね。
これは、やっぱ待ちですかね・・・
そこまで必要ではないけれど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場付近にて

近場のビルでの打ち合わせを終え
デスクのあるビルに向かうところ
すれ違いざまに見覚えのある顔を発見。

再度振り返って見たところ
普段ならいるはずのない(?)友人本人でやんの。
本当にびびるってーの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あの事件と俺と

このエントリーは、くだらないボヤキです。
コメントはなしの方向です。

今日、職場で
「昨日は大丈夫だった?」
系の話題を三度ほどされた。

まぁ、自作PC等で散々行ってた旨を
言っていたせいだろうが。

休日に好き好んで行くほど、今のあの街は
好きでもない旨も言ってはずなのだが・・・

さておき、偶然あの街にいた友人が被害にあわなかった
ことについては、素直に良かったとは思うが。

さてさて、思えば最近
「(殺すのは)誰でも良かった」だの
「世の中が嫌になった」だの
「何人か殺せば死刑になると思った」だの
抜かしている阿呆がおるがー

正直、そんな弱者(無論、自分も含め)は、
分を弁えて、隅っこで大人しく暮らしてれば
いいんだよ。

他人を羨むっていうことは、自分を蔑むって
ことなんですよ。

努力と根性で 這い上がれる奴は、そういう形の
強者なんですよ。

弱者は弱者なりに、自分の弱さを認知して
生きりゃあいいんですよ。

『社会に不満があるなら自分を変えろ
 それが嫌なら耳と目を閉じ 口を噤んで孤独に暮らせ』

↑は某アニメの台詞だったりしますが
実にいい台詞だと、個人的には思うわけですよ。

あとはまぁ、どっかの政治家とかですかねぇ。
安易に「刀狩」なんかせずに、人格形成について
考えたほうがいいんじゃあないの?
今すぐには結果は出ないことだけど、そっちのが
重要なんじゃないのかね。

| | トラックバック (0)

レッドカーペット その2

昨日の続き
さて、昨日行ってきたレッドカーペットですが、
お察しの方もおいででしょう。

そうです。『インディ・ジョーンズ』の新作(6/21公開)の
ジャパンプレミアの前座のレッドカーペットでした。

レッドカーペットの招待は、公式サイトで偶然見つけて
当たれば儲け物程度に思っていたんですが、まぁ偶然
当たって嬉しかったもんです。(そこでは300名招待でした)

何故ならば『インディ』は小さい頃にTVで観てから、
ずっと好きだったからさー。
中学生の頃はノベライズも読んだもんでした。

というわけで、有休つかって行ってみたと。
(他にも用事があったものですから)
でもこういうイベントは初物なので、勝手が分からず
そして、別の用事で入りが遅くなったせいもあり
カーペット脇でも後ろのほうに・・・

こうなると、サインや握手は絶望ですね。
仕方ないですけど。

で、天候不順やなんやかんやあったりして
レッドカーペットの入りが開始。
一番手は石田純一とリア・ディゾンだったかな。
あんま見えませんでしたが。

とりあえず、「客」として来た日本の有名人の
方たちを見ていて思ったことは

「あぁ、この人たちは基本プレス側※にしか興味ないんだな」
「まぁ、僕らは映画のキャスト達がメインなんでいいですけど」
  ※レッドカーペットを挟んで片側が一般人、反対側がプレスだった。

といった感じ。
自分は良く存じ上げないのですが、松本莉緒という方は
こちらにも来てましたが。

あぁドアラは別格ですね。
なんでアイツがいるのか分からないけど。
愛嬌のある奴なんで。

そんなこんなで、本命のハリソン・フォード氏が来ました。
さすがキャストですね。ファンにも大いにサービス。
自分の前のほうの方とかはサインとかいただいてて
正直うらやましかった。
まぁ写真が撮れたんでよしとしますが。

あとはジョージ・ルーカス氏、あの人もいい感じでした。
その他のキャストの皆さんは自分は良く見れなかったのが
残念・・
全体的には満足したからいいけどね。

今日の記念は、Tシャツと幾枚かの写真。
いい思い出にしますよ。

あと帰りに、新しいDVD-BOX買って帰りましたよ。
来週以降、地上波で3作全部放送されるけど
関係ないねー。

とりあえず来週14日の先行上映を楽しみにしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッドカーペット

ちょっと参加してきます。
こんなことならジャパンプレミアにも応募すれば
良かったよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CHARLIE WILSON'S WAR

はじめに言わせてください。
このエントリーは、かーなーり駄文だ。

6/1の夜に、映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
を観てきました。
映画の日で1000円、しかも公開終了間近の為か、
通常料金でのプレミアシートだったので。
あぁ、もちろん交通手段は自転車ですよ。

さて、「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
どんな話かといえば、ソ連のアフガン侵攻に対する
チャーリー・ウィルソン議員を中心としたアメリカの
裏工作※のお話(実話ベースのドキュメンタリー)。

※当時、ソ連とアメリカは冷戦状態だった為、
 アメリカは共産圏の拡大を防ぐため、アフガニスタン
 を侵攻するソ連に対して表立って、武器等を
 アフガニスタンに供与できなかった。(冷戦じゃなくて
 実戦になるから)
 なので、ソ連製の武器を供与したり(傍目には鹵獲品に
 見えるように)、戦闘訓練を行った。

正直、今のご時勢、「ソ連」、「ナチス」すら知らない人も
いるらしいので、確実に大当たりするような映画では
ないんですがね。

でもいいんです。自分は半分勉強目的で観てるんで。
そもそも、ソ連によるアフガニスタン侵攻なんて
自分の生まれる前に始まって、10歳になる前に終わってる
話なんで・・・
世界史でも軽く触れた程度だったと思う。

話が脱線しましたね。
映像の話でもしましょうか。
どうやら、当時の映像を使用しているらしく
ソ連の赤さや兵器の映像(ハインド他)は、資料的にも良い気が
しました。(というか許可降りるものなんだな)

次にオチの話。
ソ連のアフガン撤退を持って、アメリカは興味をなくし、
支援を打ち切る。
ソ連撤退以降もアフガンに対して支援できなかったことに対し、
チャーリー本人は「僕たちは最後でしくじってしまった」
と言っている。

これが昨今の「反米テロ」に繋がっていく「皮肉な結果」を
この映画を観た人のどれぐらいの人が分かったのか・・・
それが自分として気になった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改正道路交通法とか

6/1に道路交通法が改正されました。
主な変更点は3つ。

①自動車後部座席のシートベルト着用義務
②75歳以上の高齢運転者による高齢運転者
  標識、聴覚障害者標識の表示義務
③普通自転車が歩道を通行できる要件の
  明確化

あとは、自転車の各種ルールの明記等ですかね。
自転車を使う人口は車のそれに比べて、多いはず
なのだから、警視庁はHP等でもっとアピールすべき
と思うのだが、「日本自転車普及協会」のほうが
わかりやすいってのはどういうことなんだろう・・・
(私の気のせいかもしれませんが)

■ご参考(自転車広場ホームページ内「道路交通法の改正について」)

まぁ、自転車の各種ルールっていっても、基本的に
常識的なこと(どっかしらで一度は習ってるようなこと)
なので、(ひどい言い方をすれば)いまさらって気もしますがね。
ただ、13歳未満のこどもが運転する場合、保護者はヘルメット
を着用させるように努めなければならないってのは
知りませんでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れなので

ちょっくらサイクリング。
目的地は幕張。
特に意味はない。

往路は無駄にアップダウンのある道を通った
せいで疲れる疲れる。
国道14号~幕張は京葉道路やら東関道との交差
があるせいでこれまた少し走りづらい。
まぁいいんだけど。

なんだかんだで幕張着。
とりあえず幕張海浜公園(浜)へ。

幕張の海

まぁなんだ。綺麗な水とはいえないけれど
海はいいね。波の音なんて数年ぶりだ。

続いて北側へ。

なんだかんだで幕張着。
とりあえず幕張海浜公園(浜)へ。

幕張海浜公園

ちょっとゆっくりしてから帰路へ。
帰路は道を変えたのでアップダウンも少なく、
割と楽でしたが。

今日の結果
 走行距離 47.6km
 走行時間 約2.5h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »