« 改正道路交通法とか | トップページ | レッドカーペット »

CHARLIE WILSON'S WAR

はじめに言わせてください。
このエントリーは、かーなーり駄文だ。

6/1の夜に、映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
を観てきました。
映画の日で1000円、しかも公開終了間近の為か、
通常料金でのプレミアシートだったので。
あぁ、もちろん交通手段は自転車ですよ。

さて、「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」
どんな話かといえば、ソ連のアフガン侵攻に対する
チャーリー・ウィルソン議員を中心としたアメリカの
裏工作※のお話(実話ベースのドキュメンタリー)。

※当時、ソ連とアメリカは冷戦状態だった為、
 アメリカは共産圏の拡大を防ぐため、アフガニスタン
 を侵攻するソ連に対して表立って、武器等を
 アフガニスタンに供与できなかった。(冷戦じゃなくて
 実戦になるから)
 なので、ソ連製の武器を供与したり(傍目には鹵獲品に
 見えるように)、戦闘訓練を行った。

正直、今のご時勢、「ソ連」、「ナチス」すら知らない人も
いるらしいので、確実に大当たりするような映画では
ないんですがね。

でもいいんです。自分は半分勉強目的で観てるんで。
そもそも、ソ連によるアフガニスタン侵攻なんて
自分の生まれる前に始まって、10歳になる前に終わってる
話なんで・・・
世界史でも軽く触れた程度だったと思う。

話が脱線しましたね。
映像の話でもしましょうか。
どうやら、当時の映像を使用しているらしく
ソ連の赤さや兵器の映像(ハインド他)は、資料的にも良い気が
しました。(というか許可降りるものなんだな)

次にオチの話。
ソ連のアフガン撤退を持って、アメリカは興味をなくし、
支援を打ち切る。
ソ連撤退以降もアフガンに対して支援できなかったことに対し、
チャーリー本人は「僕たちは最後でしくじってしまった」
と言っている。

これが昨今の「反米テロ」に繋がっていく「皮肉な結果」を
この映画を観た人のどれぐらいの人が分かったのか・・・
それが自分として気になった・・・

|

« 改正道路交通法とか | トップページ | レッドカーペット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/41419055

この記事へのトラックバック一覧です: CHARLIE WILSON'S WAR:

« 改正道路交通法とか | トップページ | レッドカーペット »