« Core2Duoマシン作成時の罠 | トップページ | P5B BIOSアップデート »

E6600 ベンチ

先ず結論、
PrescottコアのPentium4に比べ、消費電力やそれに伴う発熱
及びスペック面から見てもCore2Duo大変優れていると思う。
PrescottPen4を投げ捨てたい人、新し物好きには大変お勧めな
IntelのCPUだと思う。

テスト環境

CPUCore 2 Duo E6600
2.40GHz
Pentium4 540
3.2GHz
M/BASUS P5B ASUS P5AD2 Premium
チップ
セット
P965 + ICH8 i925X + ICH6R
メモリ512+256MB×2 (DDR2 533)
ビデオ
カード
Albatron 7800GT
(Geforce 7800GT 256MB)
HDDSeagate Barracuda 7200.7(ST380013AS)×2
(RAID0)
OSWindowsXP Home SP2

基本的にCPUとM/B以外は同じ構成。

 

3DMark06

CPUCore 2 Duo E6600
2.40GHz
Pentium4 540
3.2GHz
3DMarks3962 3348
CPUスコア2032 825

CPUスコアに着目すると、Pentium4を
凌駕しているのがわかる。
参考として某誌のテストでは
Core 2 Duo E6700 が 2307
アスロン64 X2 5000+ が 1990

 

システム全体の消費電力

CPUCore 2 Duo E6600
2.40GHz
Pentium4 540
3.2GHz
TDP65W 84W
アイドル時140W 185W
ピーク時210W 310W

計測はtunaから借りたワットチェッカーを使用。
省電力設計の看板に偽りがないことがわかる。
(プレスコットが酷いということもあるが・・・)
ピーク時の値は3DMark06実施中の最高値。
現在使用している電源がPFC搭載で本当に良かった。
力率0.99は侮れない。

おまけ
3DMark06 詳細

|

« Core2Duoマシン作成時の罠 | トップページ | P5B BIOSアップデート »

自作PC」カテゴリの記事

コメント

いい、レポートを見せてもらいました

投稿: MIKIYA | 2006/08/11 10:58

3Dmark06はスコアの計算式があるから逆算も可能だが、
Detailsで何fps出ているかが知りたいところ。

TDPはIntelのカタログ値で低めだが、システム全体のピーク時ではこちらのX2(AMD TDP89W)と同じ。
ちなみにアイドル時は120W程度。鯖機の2,8Cだとアイドル90W
勿論性能はE6600の方が上だが。

投稿: tunakan | 2006/08/12 11:56

ベンチ項目追加age

投稿: sugihiro | 2006/08/14 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/11379224

この記事へのトラックバック一覧です: E6600 ベンチ:

« Core2Duoマシン作成時の罠 | トップページ | P5B BIOSアップデート »