« ホワイトバンド 趣旨説明不足で批判 | トップページ | エアガン事件 »

何気買いの顛末

ちょいと帰りに買い物しに行った。
PCパーツは現状ではグラフィック以外は不満はないので
グラボ以外は当面買うまいと思った。

が、ちょいと寄った中古パーツ屋でメジャーチップの
メモリ(512MB)を発見。
一年前に比べ鬼のように安くなったし、スロットも余ってるので
何気に購入。『当面買うまい』から5分も経っていない。

帰宅して早速つけて動作確認を行う。
現状が256MBx2 : 512MB でのデュアルチャンネル構成の計1GBなので、
これで 512+256MB 同士のデュアルチャンネル構成の1.5GBに
なるはずだった。

結果⇒1280MB

はじめは256MBが1枚認識されていないと思った。
何度か差し替えてみても結果は1280MB

まさかと思い全部引っこ抜いてシールに記載されてる容量を
確認してみる。

512MBが1枚
256MBが3
は?

レシートとメモリの入ってた袋のシールを確認
どちらも512MB。

やられた・・・
まさか中身が違うなんて・・・
買った直後に確認しなかった俺も悪いが
これはヒドイ
明日か明後日にでも換えさせに行かねば・・・

|

« ホワイトバンド 趣旨説明不足で批判 | トップページ | エアガン事件 »

自作PC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/6689063

この記事へのトラックバック一覧です: 何気買いの顛末:

« ホワイトバンド 趣旨説明不足で批判 | トップページ | エアガン事件 »