« バファリンの成分 | トップページ | 一カ月、ボールを作ってない件について »

5-3≠2

角川ホラーがなんか好きだ。
今日の帰りに本屋に寄って久々に買ってみた。
処刑列車」大石圭(著)である。

内容を簡単に言うと、何者かによる電車の乗っ取り事件。
自らを「彼ら」と名乗る犯人グループは
すべての乗客を一部の車両に閉じ込めた。
そして殺戮・・・。

この話のテーマは悪意
善意や好意が人が人として生きている証ならば
負の感情もまた生きている証である

暴走する悪意・・・
機会があれば読んでみてはどうだろうか?

|

« バファリンの成分 | トップページ | 一カ月、ボールを作ってない件について »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/4857625

この記事へのトラックバック一覧です: 5-3≠2:

» 『処刑列車』 大石圭 [vivi書店]
おすすめ度:☆☆☆ 朝のラッシュアワーを過ぎた頃、東海道本線、小田原始発・東京行きの「快速アクティー」が、茅ヶ崎・平塚間の鉄橋で突如停止した。何者かによって乗っ取られたのだ。『この電車は彼らが占拠した』。自らを彼らと名乗る犯人グループは運転手と車掌を射殺....... [続きを読む]

受信: 2005/08/20 22:49

« バファリンの成分 | トップページ | 一カ月、ボールを作ってない件について »