« 大衆娯楽 | トップページ | 見込み違いだった »

家庭系PCリサイクル

平成15年10月より家庭用パソコンのリサイクル制度が始まった。
基本的にメーカーPCを使ってる人はいい。
メーカーに回収してもらえばよいのだ。
しかし、私のような自作PCユーザーはそうはいかない。
自治体によっても違うが、有限責任中間法人パソコン3R推進センター
とやらに引き取ってもらわねばならんのだ。

だが、デスクトップPCで4200円もかかる。
これはいただけない。

何故こんなことを今更いうのかというと、
先日、PentiumIIIのマシンを解体したからだ。
そこでケースだけ捨てようと思ったのだが、
疑問がわいた。

これは何ごみだ?
PCなのか?ただの鉄屑なのか?

おそらく電源とケースだけならば粗大ごみ(処理費用350円)扱いになるだろう。
それならば、どこまで中身があればPCとして扱われるのだろう?

誰か教えて欲しい。

|

« 大衆娯楽 | トップページ | 見込み違いだった »

自作PC」カテゴリの記事

コメント

電源付きケースであれば買い手が付くかもしれぬが、
リサクル法について軽くぐぐったら
http://www.itmedia.co.jp/news/0304/22/nj00_pc_recycle.html
随分曖昧な上、自作PCは回収対象外な模様

投稿: tunakan | 2005/05/26 23:50

おぉ、ここが噂の杉王国であるか。

…ゴミ分別はよくわかりません。

投稿: Lefty | 2005/05/28 07:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107867/4291268

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭系PCリサイクル:

« 大衆娯楽 | トップページ | 見込み違いだった »